なんとかしたい!ブツブツ気になる背中ニキビの治し方2つ!

ブツブツ・ポツポツ、気になる背中ニキビ

背中は顔と同じように皮脂で毛穴が詰まりやすく、ニキビができやすい部位です。
みなさんの中にもいつのまにかできている背中ニキビにお悩みの方も多いのではないでしょうか。
今回は、そんな背中ニキビのケア方法をいくつかご紹介します。

背中ニキビのケア方法、おすすめは?

背中ニキビを治す方法としておすすめなのは、背中ニキビに特化したの化粧品を使うことと、日常生活で注意することです。

背中ニキビの原因菌は顔のニキビとは違うものなので、背中ニキビ専用の化粧品を使うことで、早くニキビを治すことができます。
化粧品の選び方としては炎症を押さえニキビ跡予防にも効果のあるグリチルリチン酸、ニキビ跡を目立たなくする保湿成分、そしてニキビによって起きてしまった色素沈着に作用する美白成分が入っているものがおすすめです。

また、日常生活についてですが、今あるニキビを治し、新しいニキビを予防するためには9つのことに気をつけるのが重要です。
具体的にいえば、睡眠をしっかり取る、ストレスを溜めない、暴飲暴食を避ける、油分の少ない日焼け止めを使う、衣服やシーツを清潔にする、綿の服を選ぶ、こまめにシャワーを浴びる、刺激の少ない洗剤を使う、そして、シャンプーをきちんとすすぐという9つです。
細かいことですが、この9つに気をつけた生活を毎日続けるだけで、ニキビを大幅に軽減することができますよ。

市販品よりも強力!ひどい背中ニキビはお医者さんに相談!

気になる背中ニキビ、ひどい場合はお医者さんへ!

女性の中にはブツブツ、ポツポツ気になる背中ニキビのせいで、水着や、背中の空いているドレスをあきらめている方も多いのではないでしょうか。
しかし、実は背中ニキビは、皮膚科を受診すれば早く、とても簡単に治すことができます。
皮膚科での治療は、市販の化粧品やケア製品とは違い、効果が非常に高いので、ひどいニキビでも跡を残さずにきれいに治すことができますよ。

皮膚科でのニキビ治療、どうやるの?

では、皮膚科での背中ニキビの治療にはいったいどのようなものがあるのでしょうか。
皮膚科での治療は、主に薬での治療です。
抗真菌剤と呼ばれる抗生物質、レチノイド製剤、そしてホルモン剤という主に3つの薬を使ってニキビを治療します。

背中ニキビの主な原因は、顔ニキビなどの原因であるアクネ菌とはまったく違う、マラセチア真菌と呼ばれるカビの一種です。
ニキビを根本から治すためにも、抗真菌剤を使っての殺菌を1ヶ月ほど行います。

また、背中は皮膚が分厚く固いため、毛穴に皮脂が詰まりやすく、マラセチア真菌が繁殖しやすい部位です。
そうならないためにもレチノイド製剤をつかって角質層を柔軟にしましょう。
肌の角質がやわらかくなることで、毛穴の詰まりを防ぐことができ、ニキビが発生しにくくなります。

最後に背中ニキビの主な原因はホルモンバランスの乱れだといわれています。
ホルモン剤を使ったホルモン療法を行うことで、過剰な皮脂の分泌を防ぐことが出来、ニキビ予防にもつながるのです。

意外かも?ブツブツ気になる背中ニキビの主な原因とは?

気になる背中ニキビの原因は?

背中にできるブツブツ、ポツポツとしたニキビは、自分では気づきにくいので悪化しやすく、また治りが遅いので、本当に厄介なものですよね。
ストレスや食生活、乾燥などニキビの原因はさまざまありますが、背中ニキビの場合は顔などにできるニキビとは違う原因で起こっている場合が多いです。
では、背中ニキビはいったいどのような原因で起こってしまうのでしょうか。

意外?背中ニキビの原因は男性ホルモンとカビにあった!

背中ニキビの原因は主に2つあります。
1つは男性ホルモン、そして2つ目はカビです。
それぞれ詳しく見てい来ましょう。

まず、男性ホルモンについてですが、人間は、ストレス、睡眠不足など緊張している状態が続くと、自立神経が乱れ、交感神経が優位になって男性ホルモンが過剰に分泌されてしまいます。
こうして男性ホルモンが過剰に分泌されると、皮脂が過剰に分泌され、肌の角質を増やし毛穴を詰まらせてニキビを引き起こしてしまうのです。

次にカビについてですが、背中ニキビの原因となるのはマラセチア真菌と呼ばれるカビの一種で、顔など他の部位にできるニキビの原因であるアクネ菌とはまったく違うものです。
マラセチア真菌はアクネ菌と同じく常在菌という、健康な人の身体に存在し、病原性の微生物の繁殖を抑える役割を持っている細菌ですが、皮脂が多く毛穴が詰まっているところが大好きなので、毛穴に入りこんでは炎症を起こしてしまいます。

アクネ菌もマラセチア真菌も、睡眠不足や食生活の乱れによって過剰に増えてしまいます。
なので、背中ニキビを予防するためには、睡眠不足などの日常生活のストレスを減らして、肌を清潔に保ち皮毛穴を詰まらせないことが重要なのです。