気になる背中ニキビの原因は?

背中にできるブツブツ、ポツポツとしたニキビは、自分では気づきにくいので悪化しやすく、また治りが遅いので、本当に厄介なものですよね。
ストレスや食生活、乾燥などニキビの原因はさまざまありますが、背中ニキビの場合は顔などにできるニキビとは違う原因で起こっている場合が多いです。
では、背中ニキビはいったいどのような原因で起こってしまうのでしょうか。

意外?背中ニキビの原因は男性ホルモンとカビにあった!

背中ニキビの原因は主に2つあります。
1つは男性ホルモン、そして2つ目はカビです。
それぞれ詳しく見てい来ましょう。

まず、男性ホルモンについてですが、人間は、ストレス、睡眠不足など緊張している状態が続くと、自立神経が乱れ、交感神経が優位になって男性ホルモンが過剰に分泌されてしまいます。
こうして男性ホルモンが過剰に分泌されると、皮脂が過剰に分泌され、肌の角質を増やし毛穴を詰まらせてニキビを引き起こしてしまうのです。

次にカビについてですが、背中ニキビの原因となるのはマラセチア真菌と呼ばれるカビの一種で、顔など他の部位にできるニキビの原因であるアクネ菌とはまったく違うものです。
マラセチア真菌はアクネ菌と同じく常在菌という、健康な人の身体に存在し、病原性の微生物の繁殖を抑える役割を持っている細菌ですが、皮脂が多く毛穴が詰まっているところが大好きなので、毛穴に入りこんでは炎症を起こしてしまいます。

アクネ菌もマラセチア真菌も、睡眠不足や食生活の乱れによって過剰に増えてしまいます。
なので、背中ニキビを予防するためには、睡眠不足などの日常生活のストレスを減らして、肌を清潔に保ち皮毛穴を詰まらせないことが重要なのです。