ニキビ跡を隠す化粧品ツールは?

出来てしまったニキビの悩み、そして、完治したと思えば残骸のように残されたニキビ跡に悩む。
人とは悩みの絶えない生き物です。
生死に関わるわけでもないのに、執拗に外見にこだわりを見せてしまうのも、人間の特徴ですね。犬や猫なら、そのようなこと気にもしません。

しかし、綺麗にしている人、魅力的な人って、周囲の人の心もワクワクさせていたり、本人に意識はありませんが、微笑むだけで、その場に居た人を良い気分にさせていたり。良い効果ばかりです。せっかく、たくさんのお化粧品が出ています。上手に使って、少しでも美しい自分を演出したいですね。

さて、ニキビ跡を隠すのに使われる化粧品ですが、一般的にファンデーションとコンシーラーで何とかなる場合がほとんどです。ファンデーションをひと塗りするだけでも、肌の印象は変わります。メイクアップは女性にとって魔法ですね。

コンシーラーで上手く隠すテクニックを伝授

それでは、コンシーラーを上手に使ってニキビ跡を隠すには、どのようなテクニックが必要なのでしょう。
まず、コンシーラーを使用するときは、コンシーラーブラシを用意すると良いでしょう。コンシーラーブラシがあれば、ニキビ跡の他にもシミやクマを上手に隠すことができます。

ベースメイク時、適した色のコンシーラーを指先に取り、そのまま気になる部分を指でトントン叩いて馴染ませる方法が、一般的に知られています。そこにひと手間加え、コンシーラーブラシを使用すると、指先で付けるより、厚塗り感を感じさせず、自然に気になる部分をカバーできます。

コンシーラーブラシの正しい使い方

料理にひと手間を加えるだけで、味がグッと良くなるように、コンシーラーブラシを使用した方が、カバー力がアップします。
肝心な使い方ですが、避けて欲しいのが、絵画の時のように、筆を立てて絵具を塗るような塗り方や指先でトントン叩くのと同じ感覚で塗ることです。それよりも筆先を寝かせ、肌と並行になるようにスッと塗る方が、肌に馴染みます。
ニキビや吹き出物の凹凸にも毛先がフィットするので、まんべんなく色を乗せられます。

おススメのコンシーラー

たくさんの化粧品の中で、何を選べば良いかは迷いの種になりますね。全てを試すことも不可能ですし。多すぎる情報に翻弄されて、余計に混乱してしまいます。自分好みのブランドがあれば、それを選ぶことで自己完結できますが、せっかくなので、ニキビ跡に良いと推奨されているコンシーラーをいくつか調べてみましょう。

ニキビに効くコンシーラー

有効成分がニキビの炎症を抑えてくれて、尚且つカバー力に優れたコンシーラーを紹介します。

DHC「薬用アクネケアコンシーラー」

薬用成分配合コンシーラーです。肌にぴったりフィットして、ニキビ、肌荒れを防いでくれます。

オルビス「アクネスポッツコンシーラー」

オイルカットされていて薬用成分配合。ニキビの炎症や肌荒れを抑え、肌の凹凸をカバーしてくれる効果が期待できます。

カバー力が評判のコンシーラー

ニキビ跡を徹底カバーしてくれるコンシーラーの紹介です。

資生堂「スポッツカバーファウンデーション」

ニキビ跡はもちろん、シミ(肝斑)、アザ、傷跡など幅広い部分でカバー力を発揮します。

イヴ・サンローラン・ボーテ「ラディアント タッチ

筆ペンタイプで塗りやすい。光を上手く操り、気になる部分をカバーします。

ランコム「タン ヴィジョネア」

優れたカバー力。ビタミン配合なのでお肌に良い効果を期待できます。

さいごに

ニキビ跡って本当にイヤですよね。でも、余計なストレスが増えますから、気にしないことが一番です。その為にも、ニキビ跡を隠してくれるコンシーラーを使用してみてください。心が明るくなって、毎日を前向きにイキイキ楽しく過ごすことが、素敵な女性に近づく近道です。